借地権とは


当サイトでは借地権に関する内容について紹介しています。借地権とは、借地借家法上の概念で、自己所有の建物を建てるため、他人の土地を借りる権利のことをいいます。土地を借りる人のことを借地権者と呼び、貸す側の地主のことを借地権設定者や底地人と呼びます。借地権者は、土地を借りる対価として借地権設定者に毎月地代を払います。借地権には土地の賃借権、地上権、永小作権、地役権、使用借権といった種類がありますが、一般的な借地権とは土地の賃借権と地上権のことを指します。

借地権を持つことには多くのメリットがあります。借地権者は土地を借りているだけなので、土地を所有している人のように固定資産税を納付する義務がありません。土地の所有権を購入して建物を建てるよりも、土地を借りて建物を建てるほうが安価になり、より広い家や便利な立地の家を手に入れることができます。土地は他人の物ですが、建物は自分の物なので、賃貸住宅とは異なり、壁に釘を打ったり壁紙を張り替えるのも自由です。借地権付き建物として、借地権の権利を売却することもできます。

ただし、建物と土地の所有者が違うため、増改築や名義変更に伴って各種手数料がかかったり、売却や譲渡などは借地権設定者の承諾が必要になったりと、借地借家法上でさまざまな制約が発生してしまうことがデメリットです。また、売却する際にも土地を所有しているわけではなく、土地を借りるだけの権利なので、資産価値が低くなってしまいます。