借地借家法とは


借地借家法とは、借地権者や借地権設定者の各々の賃借上の権利を明確にし、それを遵守するために制定されました。借地借家法には旧法と、平成4年に制定された新法が存在します。旧法の問題点として、借地権者の権利に重きを置いているため、借地権の存続期間が経過していたり地代滞納があるにもかかわらず、借地を強制的に取り返すことができないということがありました。新法と旧法の大きな違いは、賃借期間を限定していることです。新法では借地権設定者の権利を重視していて、契約期間が過ぎたときに確実に土地が戻るように、賃借期間を一定期間に限った定期借地権を設定しています。新法では、借地権の存続期間が建物の構造に関わらず最低30年で、それ以上の期間は自由とされました。借地権設定者にとっては土地の返還時期が明確になり、財産の管理がしやすくなるメリットがあります。

借地権の更新において注意が必要なのは、一度旧法で取り交わした契約については更新で新法が適用になるわけではなく、旧法が適用されたままであるということです。新法への切り替えは更新ではなく、契約をし直す必要があるため契約条件によっては注意が必要です。現在でも旧法における契約は多く、旧法と新法が混在している状況になっています。