借地権は売却が出来る


借地権は借地権設定者の承諾が得られれば、売却や譲渡をすることができます。借地権設定者の許可なしに売却や譲渡をした場合には、契約違反となってしまうので注意が必要です。

借地権設定者の土地への思いとしては、借地を返して欲しい、そのまま借地経営を続けたいなど、場合によってさまざまですので、まずはどのような意向なのかを確かめることが重要です。借地権設定者の意向によっては、借地権を買い戻してくれるケースもあります。原則として借地権者と借地権設定者が話し合うのが最善ですが、過去の経過によってはトラブルに発展してしまうこともあるので、借地権の売却や譲渡に詳しい専門家に任せるというのもひとつの方法です。

借地権設定者が借地権の売却や譲渡を認めてくれない場合は、裁判所に対して譲渡の許可を求めることになり、これを借地非訟といいます。借地非訟は、借地権設定者から売却や譲渡の承諾を得られない場合の最終手段になります。しかし、借地非訟を起こすことによって借地権設定者との関係がさらに悪化したり、提訴から許可がおりるまでに時間や費用がかかってしまうので、あまり賢い方法ではありません。また、買い手が見つかっていないと借地非訟は起こすことができないとされています。

参考資料・・・借地権売却無料相談 – ピタットハウス